情報収集能力にも期待

PC操作

交渉や構築も任せられる

ワークフロー製品の導入を検討する際、自社で情報を収集して比較検討し、デモ版の製品で優劣をチェックした上で導入。その後は構築と言う流れになるかと思います。全てを自社で対応するのはとても大変なことです。その時は販売代理店を上手に使うことをお勧めします。ワークフロー製品に特化した販売代理店と言うことではなく、IT機器を扱う販売代理店であれば、大抵はワークフロー製品のノウハウを持ち合わせています。一つの販売代理店にいくつものワークフロー製品を比較させるやり方もあれば、複数の販売店に一つずつワークフロー製品を提示させるやり方もあります。どちらが良いかは、取引している販売代理店との関係性によるところも大きいですので、社内事情を勘案して選ぶのが良いでしょう。販売代理店に要望を伝えると、販売代理店は色々な視点でワークフロー製品を比較していきます。その中で自社の要望にマッチした製品を提案してくれます。あとは提案のあったものの中から選べばよいので、自社で一から探すよりは効率的です。この段階では価格交渉も済んでいる場合が多いので、その交渉も不要です。また、製品の情報も持っているので、選ぶ上でのアドバイスも期待できます。そのアドバイスは、比較する上での重要な要素となることでしょう。購入後の構築についても、販売代理店に依頼すると請け負ってくれる先がほとんどです。選定から構築までを含めた形で、販売代理店と交渉するのが良いでしょう。

Copyright© 2018 大容量ファイルをメールで送信する方法を紹介! All Rights Reserved.