男性

ランキングや口コミを利用

ワークフロー製品の導入を検討している企業は多いと思いますが、数ある製品の中から比較検討するのは大変です。人気ランキングや口コミを上手に使って製品を選ぶことをお勧めします。ただ、ランキング上位だからと言って要望が全て叶うことはありません。

携帯電話

面接におけるスマホ活用

学生などの多くがスマホを所有する状況となっており、スマホ面接をするための環境が整っている。スマホ面接ではテレビ電話アプリを活用し、面接を行う方法である。地方の人材を広く採用したい場合や、スキル重視で採用を決める職種などでは特に向いている。

女性

冬場は十分に注意する

ノロウイルスは感染者の嘔吐物や便からも、感染が広がる事で有名です。もし、社内などで感染者の嘔吐物などを処理する必要がある時は、使い捨てのマスクや手袋などで防護する対策も必要ですので、事前準備しておくと良いでしょう。

ファイル

ファイルの授受と問題

メールはコミュニケーションを取る上で活用しやすいツールであるが、大容量ファイルの授受には向かないという問題がある。それらを解消するための方法として、ファイルアップロードサービスがあり、活用することで授受しやすくなる。

PC操作

情報収集能力にも期待

ワークフロー製品を導入する際は、販売代理店を上手に使うことをお勧めします。販売代理店は、要望に沿った形でワークフロー製品を比較検討していきます。販売代理店には、製品の選定と構築までを依頼できるような交渉が必要です。

ファイルサーバーの利用

ファイル

ファイルサーバーの利点

メールで送信するデータ量の制限について会社においてメールを使用して、部外や部内のデータをやりとりする際に、データ量の上限に達することがあります。簡単な文書のみのデータであれば、大した容量にならないものの、静止画や動画などの大容量ファイルを送信するとすぐに容量が一杯になることがあります。大容量ファイルを取り扱う場合に大容量ファイルを縮小するには送信するデータサイズを小さくする方法があります。その方法の1つとして、複数のファイルから作成されているデータは、分割して送信することでサイズが小さくなります。この方法で、1回の送信でかかる通信的な負荷を減らすことができます。しかし、分割できない場合もあるので、その場合にはデータ自体に圧縮をかけることでサイズを縮小することができます。ただし、データの種類によって圧縮の操作が異なるので、ファイルの種類に応じたソフトを利用する必要があります。ファイルサーバーを利用すること大容量ファイルのサイズを小さくするために、圧縮をかけると、画像は劣化することがあります。よって、劣化したくない画像は、メールではなく社内においてファイルサーバーを利用することで、データサイズを気にせずに管理することができます。このファイルサーバーは、メールにはURLのリンクを貼り付けておくだけでファイルサーバーに飛ぶことが可能ですが、メールの容量には影響しません。また、ファイルサーバーにアクセスできる人を、制限しておくことで、決められた多くの人がデータを簡単に共有することができるので便利です。

ワークフロー機能を活用

営業などの職に就いている場合、申請作業に時間をとったり、また承認する側も捺印などが手間だと感じることもあるでしょう。そういった時はワークフロー機能を上手く活用すると良いです。紙媒体を中心としている場合は作成に時間かかりますし、捺印などが必要になってくるのですがワークフロー機能であれば紙を使用する必要がありません。パソコンで作成することができる他、すぐに申請依頼を行うことができますし承認する側の管理も楽になるため便利だと言えるでしょう。自社に合ったワークフロー機能がどれかを比較した上で導入を検討することがおすすめです。

Copyright© 2018 大容量ファイルをメールで送信する方法を紹介! All Rights Reserved.